(旧)JAM'sGARAGE  移転しました。だいぶ前に。。。
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
スムージング vol.1


D21テラノ乗りで、背面タイヤレスにしてる人は結構見かけますが、
取っ払った後のボルト穴等を板金までして埋めてるって人は少ないんじゃないかと思います。

今回、思い切ってDIYでスムージングをやってみようかと!

っつーか、リアガーニッシュ(NISSANってエンボスが入った樹脂のヤツ)を外したらどんな感じかなぁと、ちょっと裏を覗こうとしたらバキボキッと爪が折れて・・・Orz

なんかもう後戻りはできん気がしてきて、思い切ってリアガーニッシュをバキバキに剥ぎ取ってスムージングを決意しました^^;

当初はスポット溶接等で穴埋めを考えていたけど、大掛かりにバラすと普段の足に使ってる車がしばらく乗れなくなりそうやし(しかもこの梅雨時期に・・・)、薄板に歪みが出てしまうと、素人仕上げじゃうまい事イカンかもしれんし・・・
ここは敢えて!溶接無しで、気合いと労力さえあれば誰でもトライできるって事を身をもって示してやろうかなみたいな。


まずは背面タイヤが付いてたキャリアのボルト穴を埋めます。





元々付いていたボルトをズン切って、マイナスドライバーで回せるように適当な溝を切ります。

ネジロック剤を塗り、ツラより若干マイナス目にねじ込みます。

それでも結構な空洞ができてしまうので、ロイメタルのような金属パテで基礎を固めます。


次にリアガーニッシュ取り付け穴を埋めます。

ついでに、というか勢い余ってリアワイパーASSYもゴッソリ取り外したので、その穴も埋めます。




裏面をラッカーシンナー等で十分脱脂して、アルミの薄板を瞬間接着剤で仮付けしていきます。

R形状になってるところはアルミの薄板を曲げて、できるだけ隙間がないようにします。

アルミ板が剥離しないように、金属パテで補強します。




こんな感じ。


今回一番悩んだのは、背面タイヤのキャリアの接点スイッチ跡。

裏側に手が入らない構造になっているため、上記の方法で穴埋めができず・・・

悩んだ末に、ハンマーを持ってきてガツンガツン穴周辺を叩きまくる^^;




穴周辺をツラより2mmほど凹ませて、表側からアルミ板を貼り付け&補強。




これで何とか、全ての穴埋めが完了。

金属パテが完全に硬化したら、1回目のパテに入りますわ。

どうなることやら^^;


 私のおすすめ:



 私のおすすめオークション:

スポンサーサイト
2009'06'26(Fri)00:05 [ D21 テラノ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://acecafe21.blog45.fc2.com/tb.php/2-c61de245
trackback



     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。